番号ポータビリティ対応クラウドPBXとは

番号ポータビリティ対応クラウドPBXとは

クラウドPBXとは、各拠点で物理的に構築しなければならなかった交換機機能を、インターネット等を経由し、 サービスとしてご提供するものです。 かつてはWEBサーバー、メールサーバー等も自社で機器を調達・構築して運用するのが一般的でした。 それらはレンタルサーバーなどの出現によって、クラウドサービスへの移行が進んでおります。 同じようにビジネスフォンをはじめとする電話サービスにおいても、クラウド化が強く望まれるようになりました。 また、社員ひとりひとりにPHSやスマートフォン等のモバイル端末を支給する企業が増える一方で、 既存の社内電話システムとの連携が難しいケースが多く、非効率な状況が多々ございました。 このような風潮のなかで、アドバンスドクラウドではお客様に高価なPBXをご用意頂くことなく、 「IP電話」 「携帯電話」 「既設PBX」 「Asterisk」の内線化を可能にするサービスを開始致します。 「保留転送」「グループ着信」「電話会議」「ロケーションフリー通話」などの電話システムやクラウドFAXにも対応しており、 初期費用の削減・短期間での構築・内線通話によるコスト削減等を実現致します。 また、従来のクラウドPBXとの大きな違いとして、弊社の番号ポータビリティ対応クラウドPBXは、 現在ご利用中の番号が、御社と同じ地域に弊社データセンターがある場合、番号を維持したまま、クラウド型PBX移行が出来ます。 これにより、番号が変わってしまうことなく、クラウド型に移行できます。